Top > 生活 > 赤ちゃんのアレルギー検査の注意点

赤ちゃんのアレルギー検査の注意点

 

赤ちゃんのアレルギーは、症状を起こして初めて気がつくことが多いです。

 

我が子も卵アレルギーとは知らずに、保育園で食べた卵ボーロで赤い発疹が出て、保育園から検査を受けるように言われてました。検査を受けたところ、卵が該当。

 

その他、例えばダニや杉花粉、エビなども一緒に検査しましたが、卵以外は該当しませんでした。卵除去についてもいろいろと学んで、卵を使わないレシピ、野菜中心のレシピで食事はしていました。

 

ある日、知り合いの方から、その方の知り合いの鶏の放し飼いをしている農家さんの卵はアレルギーが出ないので、学校の給食などでも使われているということをお聞きし、その農家に尋ねてみました。

 

卵を頂いて帰り、恐る恐る使ってみました。農家の方に言われた通り、まずは黄身から初めて徐々に白身に、ということだったので、まずは黄身だけ。すると特に発疹も出ずに、翌日白身も食べさせてみたところ、また発疹は出ず。

 

しばらくその農家から卵を購入して食べていましたが、ある日外食をした時にお好み焼きを食べても発疹が出なかったので、これはもしかすると大丈夫かも知れないということで、一般の鶏卵を購入して使用してみたところ、発疹は出なくなりました。

 

その後検査した病院に行く機会があって、その話をしたところ、通常完治するということはあまりない、ということ。先生も首をかしげていましたが、初期の検査だけではわからないこともあるようです。

 

定期的に検査を受けることで、今の状態を知ることができるのではないかと思います。1歳児の便秘についてはこちら

 

生活

関連エントリー
赤ちゃんのアレルギー検査の注意点入浴後のマッサージ